結婚をする前に恋人と一緒に暮らすメリットとデメリット

結婚する前に恋人と同棲するメリットとデメリット
結婚を前に一つ屋根の下で同棲するカップルも増えていますが、いざ一緒に暮らしてみると様々なことに気が付きますよね。同棲して良かったと思う点もあれば、同棲したからこそ見えてくる嫌なところもチラホラ。そこで今回は、結婚前に同棲するメリットとデメリットをまとめてみました。

結婚前に同棲するメリット

結婚資金が貯まる

結婚とは、婚姻届に記入し届けでしたら完了という訳にいかず、新しい世帯をもうひとつ作る意味合いもあり、なにかとお金がかかります。もし、お互いが一人暮らしということなら、同棲することでお金を貯めることができるでしょう

新居や結納、結婚式に新婚旅行…。人生の一大イベントと言っても過言ではない結婚ですから、お互いに納得のいく形にしたいですよね。

パートナーの生活スタイルと同調しつつ「2人でお金をためる」という意思を、お互い確かめ合う事で結婚意識が高まるのもメリットのひとつです。

結婚のシミュレーション

同棲生活は結婚生活の予行練習みたいなもの。この期間に結婚生活のパートナーとして相応しいのか、相手を見極める事ができます。逆に相手からも見極められているということです。自分に足りない部分や相手に足りない部分を知る事で、結婚前に対策できるのも同棲の大きな利点ですね。

婚約者といっても所詮は他人ですから、生活習慣の違いは多かれ少なかれ出てきます。違ってしまうのが悪なのではなく、そのすれ違いをお互いの努力で擦り合わせ、乗り越えて行けるのかを見極める事が大事なのです。

ずっと一緒に居られる

単純なようですが、結婚したいと思う程の相手です。四六時中一緒に居られることが何よりも嬉しいと感じることは当然の気持ちでしょう。特に、遠距離恋愛をしていたカップルにとってはこれほど幸せなことありません。

学校や仕事で嫌なことがあったりしてクタクタで帰ってきても、恋人がいるというだけで大きな癒しとなりますよね。スーパーへの買出しや夜中のコンビニも、二人ならちょっと特別な時間に感じられるでしょう。

結婚前に同棲するデメリット

別れるときが非常に面倒

同棲生活を始める前は結婚する気満々でも、人の気持ちは徐々に変化するものです。別れる事を想定して付き合う人は居ないでしょうが、同棲期間が長くなればなるほど別れは本当に面倒なことにもなりかねます。

そして生活の中で結婚する相手じゃないと感じても、同棲していると簡単に別れられません。普通に別れるだけでも精神力が相当削られるのに、どちらが買ったのかも分からない家具や小物を選出して運び出すのは本当に面倒な作業です。

相手の嫌なところが目につく

結婚前に同棲するカップルの8割が破局してしまうという話を聞いたことがあるのですが、おそらくその原因はここにあるでしょう。

全然家事を手伝ってくれない、家にお金を入れてくれない、生活習慣が合わないなどなど、一緒に暮らしたからこそ気づく相手の嫌なところもたくさん見えてくるでしょう。問題を上手く解決できればいいのですが、お互い譲らないとなればそれは破局の大きな原因になります。

結婚が新鮮じゃなくなる

擬似的に結婚生活を送ってしまえば、新婚生活が新鮮じゃなくなるのは当然です。恋愛には「久々に会える喜び」と「いつも一緒に居られる喜び」がありますが、結婚生活には後者を楽しむ意味合いもあると思います。

婚前の同棲生活はそれを先取りして楽しんでしまった状態にあるので、結婚したから何かが変わると期待していると痛い目にあうかもしれませんね。

まとめ

婚前の同棲にはメリットもデメリットも多々ありますが、何よりもお互いに協力しあって納得のいく同棲生活を送ることが大切です。そのためにも、我慢するところは我慢して、はっきり言うべき事はちゃんと言う事がポイントになりそうです。

特に女性には結婚後に子供を産める期間というものがあり、慎重にパートナーを選んでいる時間もありません。ズルズルと何の変化もない同棲生活を続けるよりも、「一緒に暮らし始めて1年後には籍を入れる」などパートナーと相談し期間を決めて、お互いに有意義な同棲生活を心がけるといいかもしれませんね。

この記事にいいね!

友達にシェアする