産後は骨盤がゆがむ?その原因と自宅で簡単な骨盤矯正のやり方

産後は骨盤がゆがむ?その原因と自宅で簡単な骨盤矯正のやり方

産後の悩みとしてある骨盤のゆがみですが、特に何も感じないという人も多いと思います。しかし、出産で骨盤が歪まない女性はひとりもいません。骨盤が歪んだまま放っておいてしまうと、体系の崩れや腰痛に繋がってしまう恐れもあります。

そこで今回は、エステには行く暇もお金もないという産後の女性にも出来る、自宅で簡単骨盤矯正をご紹介します。

出産で骨盤の歪みが起こる理由

そもそも、なぜ産後は骨盤が歪むのか知っていますか?それには出産ならではの理由があるんです。

赤ちゃんを出産するために、お母さんの骨盤は最大限に開きます。赤ちゃんの身体で一番大きい部分は頭です。頭は約10cmの幅を持ち産道を通り骨盤を広げます。

産後には、開いた骨盤を戻そうと伸縮運動が起きますが、産後の女性は何かと大忙し。動き回っているうちにさらに歪みが起こってしまうのです。

しかし、実は妊娠中から産道を広げるため徐々に骨盤は緩んでいます。長期間の歪みの蓄積と産後の忙しさによって、骨盤の歪みは仕方のないことなのです。

産後骨盤矯正を始める時期とは

骨盤の歪みを矯正しなければ下半身太り腰痛体重増加など次々に女性の悩みが引き起こってしまいます。

産後の骨盤矯正は産後2ヶ月から6ヶ月の間が勝負どきです。個人差がありますが、骨盤は6ヶ月後には元の状態へ戻ると言われています。

しかし、まだ完全に元の身体に戻っていない状態で骨盤矯正をすることはかえって危険。骨盤矯正は産後早ければ効果が現れるというものでもありません。悪露も終わり落ち着いた産後2ヶ月頃から骨盤矯正を始めましょう。

自宅で簡単できる骨盤矯正アイテム

とはいえ産後の育児に追われ、出かけることが難しいという女性は多いでしょう。エステや整体に通いたくても子どもを預けられないこともあります。

そこで、自宅で行える骨盤矯正の方法をご紹介します。一番おすすめの方法は、つけるだけで効果の得られる「リフォームインナー」です。ガードルや骨盤ベルトなど種類も豊富にありますので、好みに合わせて選べることができます。特にガードルは締め付けも少なく、太ももやお腹までしっかりと覆うことのできるものを選ぶと効果的です。

寝る時間も含めて24時間着けっぱなしで過ごすだけで、骨盤の矯正だけでなくお腹の引き締め効果や身体を温めてくれる効果も期待できます。まさにリフォームインナーは誰でもできる産後のお助け役といえますね。

簡単エクササイズで骨盤矯正

他にも簡単に自宅で出来る骨盤矯正エクササイズがあります。まず、仰向けに横になり膝を立てます。あとは膝を左右に交代で倒すだけという簡単なもの。

こうすることによって、骨盤を正しい位置に移動することが出来るので歪みを改善できるのです。骨盤矯正のエクササイズは継続することで効果が現れます。空いた時間を見つけてストレッチをかねて行うと長続きするでしょう。

整体のプロに任せる

「リフォームインナー」や「自宅で出来る骨盤矯正エクササイズ」を活用すれば、自宅で個人でも骨盤矯正は出来ます。ただし、根気強く続けなければなりません。

三日坊主になりやすい、また1人ではモチベーションが持続ができないという方は、骨盤のゆがみ調整を整体師に任せるというのもひとつの手!

整体・骨盤調整のカ・ラ・ダ ファクトリー

職場復帰や友人との集まりで、素早く美しい身体を手に入れたい方はプロにお願いしたほうが良いかもしれませんよ!

この記事にいいね!

友達にシェアする