妊婦さんは要注意!赤ちゃんに危険を及ぼすかもしれない食材

妊婦さんは要注意!赤ちゃんに危険を及ぼすかもしれない食材

妊娠すると急激な体の変化に戸惑う方も少なくはないでしょう。つわりの時期はとにかく食べられるものを食べようと、食事に気にせず食べていた方もいるかもしれません。しかし、実はあなたの大切な赤ちゃんに影響してしまう危険な食材があったのです。

この食材たちは食べたからといって、必ず赤ちゃんに影響を及ぼすというものではありません。一度口にしてしまったからといって心配する必要はありません。しかし、赤ちゃんにとって危険な症状はたくさんあります。まずは知識を高め、意識をすることが大切です。

カフェイン

お腹の中の赤ちゃんに良くない食材はいくつかあります。一番有名なものでカフェインがあります。カフェインはコップに1、2杯程度ならば問題ないとされています。

カフェインは興奮作用もあり、赤ちゃんの未熟な内臓には分解しきれないのです。結果、体内に溜まってしまい、発育遅延の症状を引き起こしてしまうというリスクが考えられるのです。

妊娠中に絶対食べてはいけない物 カフェイン

チーズや生ハムといった生もの

次によく聞くものが生ものです。過熱していないチーズ生ハムはとても危険です。これらの食材はリステリア菌を持っていることもあります。リステリア菌は妊婦が感染してしまうと赤ちゃんにまで感染してしまう可能性が高いのです。最悪の場合、流産や早産になってしまいます。

あとは、あまり耳にしないものでトキソプラズマ菌が多く寄生する生肉も注意したい食材です。トキソプラズマ菌に感染してしまうと生後、精神発達の遅れや脳性麻痺などの先天性障害の原因にもなりえます。しかしこの菌はしっかり加熱することで防ぐことが出来るので生肉でなければ安心です。

妊娠中に絶対食べてはいけない物 チーズや生ハムといった生もの

水銀の含まれる魚

水銀の含まれる魚も赤ちゃんには危険な食材です。例えば、メカジキメバチマグロなどのマグロ系の魚や大型の魚は控えましょう。水銀は人間の体内に蓄積されます。それはもちろんお腹の中の赤ちゃんにも同じです。体の機能が未熟な赤ちゃんにはより影響を与えてしまいます。それが原因で脳神経障害を起こす可能性が高いのです。

妊娠中に絶対食べてはいけない物 水銀の含まれる魚

スパイス・香辛料

最後の危険な食材は料理のアクセントに使用するスパイスです。辛みの強いものやバジルパセリなどは過剰摂取が危険とされています。これらのスパイス類は支給伸縮を引き起こします。場合によっては早産や流産の原因になってしまうかもしれません。

妊娠中に絶対食べてはいけない物 スパイス・香辛料

すべてはお腹の中の赤ちゃんのため

全ての食材は過剰摂取が危険とされています。必ずしも食べてはいけないというわけではありません。しかし、一般的に妊娠期間は約10か月です。

大切なお腹の赤ちゃんのためにも、摂取量に気を付けることはもちろん必要です。自分が知らないうちに成分に含まれているという可能性も考えられます。今まで通りなんでも食べるのではなく、危険な食材があるということを十分に理解しましょう。

この記事にいいね!

友達にシェアする