スタバがサードウェーブコーヒーに参入!ロースタリーコーヒーが新たなトレンドに?

アメリカでは、厳選した高級なコーヒー豆を使用し1杯ずつ時間をかけて提供するサードウェーブコーヒーが大流行しています。そんな中、スターバックスも負けじと新業態を発表しました。その名も「ロースタリー」。世界のスターバックスの新しいブランドに大注目です!

こだわりのコーヒーを提供するロースタリー

こだわりのコーヒーを提供するロースタリー スターバックス

スターバックスが世界で初めてお店をオープンしたのは1971年で、その1号店はアメリカのシアトルにあります。今や世界一の店舗数を誇るカフェとして有名となり、私たち日本人からも「スタバ」の愛称で大人気。そんな、開業から43年がたったスターバックスが先日オープンしたのが、サードウェーブコーヒーを提供する「ロースタリー」です。

ロースタリー1号店がオープンしたのは、スターバックスの原点でもあるシアトル。店内に入ると、一番目立つ所に巨大なコーヒー豆の焙煎機が置かれており、お店中がコーヒーのいい香りに包まれています。一見、コーヒー豆の工場かと勘違いしてしまうほどの設備です。

スターバックス ロースタリー コーヒー豆の焙煎機

注文を受けてから1杯ずつ時間をかけてコーヒーを抽出するのがロースタリーの特徴で、注文してからだいたい10分ほどかかります。値段も1杯500円前後と、一般的なスターバックスの約2倍の値段。ですが、高級な豆を使い手間暇かけて淹れたコーヒーの味は格別!

スターバックス ロースタリー 値段

アジアへの進出は2016年ごろらしく、もしかすると日本にもロースタリーがオープンするかもしれません。

これまでお手頃な価格で幅広いターゲット層に人気だったスタバ。新たな挑戦として始めた高級志向のサードウェーブコーヒーはどう評価されるのか注目ですね!

この記事にいいね!

友達にシェアする