これからTOEICで高得点を取りたいって人にオススメな参考書 3選

これからTOEICで高得点を取りたいって人にオススメな参考書 3選

私が英語の魅力にとりつかれたのは中学1年生のころ。ちょうど日本でも駅前留学といった英会話が流行り出した時代でした。

英語を話す大人に憧れて「将来は絶対に英語を活かした仕事に就きたい!」と思うようになって必死に勉強していました。その結果、ちょっと自慢ですがTOEIC885点を取ることが出来ました。

そんな英語学習歴15年の私がオススメする、英語を勉強するなら絶対に読んでほしい参考書を紹介します。

世界一わかりやすい英文法の授業(関正生著 / 中径出版)


私は元々、文法が苦手というか、なぜ文法を勉強ないといけないの?って思っていました。しかし、この本に出会い文法の面白さに目覚めてTOEICでは文法問題のパート5を全問正解を達成しました。

著者は人気予備校講師で一週間で2000人以上を教えている方で、この本の素晴らしいことは暗記して覚えろと今まで言われてきたことをちゃんと理屈で教えてくれるとこなんです。

例えば、今までの参考書なら「現在進行形にできない動詞は like, hate know…などの知覚や心理を表す動詞です。」という説明だけでした。しかし、この関先生の本であれば5秒おきに中断・再開できない動詞は現在進行形にできないって書いてくれています。

なるほど!それさえ覚えておけばTOEICで出題された時に瞬時に判断できますね。しかも、文体は普段先生が講義をしているように話し言葉で書かれていてとっても読みやすいです。

TOEIC TEST 英単語スピードマスター(成重寿著 / Jリサーチ出版)


この本は、TOEICテストを受ける人なら絶対にバイブルになる一冊です。私はこの本で学習した後、点数を200点アップさせました!ここに出てくる単語は隅から隅まで超重要です。

私は単語を覚えるときは持ち運びできるメモを活用します。キャンパスノートのノートであれば1番小さいサイズを選びます。ノート1ページお半分に折って、左側に覚えたい単語を使った文章を右側には日本語や類語や反対語を書きます。

そしてそのメモを四六時中持ち歩き、英単語を見て日本語を瞬時に思い出せるまで続けます。TOEICは英単語を書く必要がないので意味が分かればOKなんですね。1日10回見れば自然に頭に入ってきますよ。

社会人英語部の衝撃(清涼院流水著 / 中径出版)


作家の清涼院流水さんは、実はTOEIC満点って知っていましたか?この本の中には勉強方法がたくさん紹介されています。

また、TOEIC得点600点以上アップされた方の勉強時間も載っていて、私も頑張ろう!と思えます。モチベーションアップに最適の一冊です。

この記事にいいね!

友達にシェアする