瓶に入った新感覚サラダ!見た目も可愛いメイソンジャーサラダを作ってみよう!

瓶に入った新感覚サラダ!見た目も可愛いメイソンジャーサラダを作ってみよう!

日本はまさに空前のサラダブームです。今回はメイソンジャーサラダについてご紹介します。ご存じの方も多い方おは思いますが、メイソンジャーとはアメリカで多くの人に愛用されているBall(ベル)が製造販売している食材の保存用瓶のこと。その瓶の中に、たくさんの種類の野菜を入れてサラダ感覚で食べられるようにしたものがメイソンジャーサラダなんです。

メイソンジャーはガラス容器なので、食材への匂い移りもなく、空になったら熱湯に入れて簡単に消毒できるという点が人気。それよりも、レトロなデザインでとても可愛いと女性のファンも多いんです。

そんな可愛い物好きな女性の心をわしづかみにしたメイソンジャーに、なんとサラダをいれてしまったのがメイソンジャーサラダです!

メイソンジャーサラダは簡単に作れる

メイソンジャーサラダが注目されている理由は、可愛い瓶ということだけではありません。誰でも簡単にメイソンジャーサラダを作ることが出来るという点も、人気の秘密なんです。そもそもメイソンジャーサラダは、ニューヨークのOLが出したレシピ本がきっかけで全世界中に広まりました。「お昼はお弁当とメイソンジャーサラダ」というスタイルが、今の女性のトレンドなんです。

メイソンジャーサラダは簡単に作れる

メイソンジャーサラダの作り方

メイソンジャーサラダとは言いますが、正直なところ使う瓶はガラス製の物であれば何でもOK!容量も気になるところですが、300mlで1人分と考えるといいかもしれません。

そして肝心な作り方はとても簡単。まずは好みのドレッシングを5分の1ほど入れます。そしたら、これまた好みの野菜を地層を作るように入れるだけ!とっても簡単ですね!野菜を入れる際のポイントとしては、タマネギやコーンのような味が出る野菜は一番下に、ニンジンや大根のようなドレッシングを吸収してしまう野菜は中間、レタスやキュウリなど生でも食べられる野菜は一番上にした方がいいそうです。

あとは、できるだけギュウギュウに詰め込むことで、空気が入らず酸化もしないので美味しくなります。メイソンジャーサラダはすぐに食べても、ちょっと日を置いても美味しので、ちょっと多めに作っても大丈夫そうですね!

  1. ドレッシングを瓶の5分の1ほど入れる
  2. 野菜を種類ごとに敷きつめていく
  3. しっかりフタをして冷蔵庫へ

オシャレで簡単に作れるメイソンジャーサラダを、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

この記事にいいね!

友達にシェアする