初めてのハワイ旅行で必ずチェックしておきたい5つのポイント

初めてのハワイ旅行で必ずチェックしておきたい5つのポイント

一度は行きたい海外旅行ランキングで、常に1位のハワイ。何を隠そう、この私も大のハワイ好きで、毎年ツアー代金が安くなる秋ごろにハワイに訪れています!

という事で、自称ハワイ中級者の私が教える、ハワイに行くならこれは知っておきたい事をご紹介したいと思います!

ハワイの旅費って合計どれくらい?

ハワイの旅費って合計どれくらい?

世界一のリゾート地だけあって、ハワイ旅行は決して安くありません。貧乏学生の私にとっては、頑張っても年に一度行けるかどうかのギリギリで…行ってます(笑)

まずツアー代金。私はいつもHISJTBを利用するのですが、安くても合計で10万円前後です。ツアー代金は使う飛行機会社やシートクラス、ホテルのグレードによっても変わります。飛行機は一番安いデルタ航空でも快適なのですが、初めてのハワイならホテルはエコノミークラス以外がオススメです。

あとは、観光地を案内してくれるオプションツアーを付けるともっと高くなります。とてもじゃないですが、これだけで結構キツいですよね!

さらに、現地で使うお金。ブランド品類は買わないとしても、1人3万円ほどは見ておくといいかもしれません。つまり、ハワイに行くには最低でも合計13万円は必要なんです!高い!

支払いは基本的にクレジットカード決済がおすすめ

ハワイ 支払いは基本的にクレジットカード決済がおすすめ

海外旅行での心配ごとの一つとして両替がありますよね。1ドル何円?なんて計算もしなければいけないし、現地の物価もよく分からないから。もう面倒!という方は、キッパリお買い物は全てクレジットカードにしましょう。

クレジットカードで支払うメリットは2つ。まず、ドルから円に両替する時にかかる手数料が一切かからないことです。両替は銀行や空港でやるって方が大半だと思いますが、通常1ドル両替するのに約3円ほどの両替手数料がかかります。256ドル(約3万円分)を両替すると768円です。

そしてもう一つのメリットは、支払いがとっても楽なこと!ドルにはお札に数字が書いてあって分かりやすいのですが、硬貨のセントがまぁ~分かりづらいんですよね。数字は書いてないし、色も大きさもそっくり!ちなみにアメリカのドルとセントはこちら!

ハワイ お金 ドル セント 見分けつかない

一番左下の10円玉見たいな1セント硬貨は分かりやすいんですが、5セント、10セント、25セントの区別がつかないんです!一生懸命覚えようとしても、いざとなった時にパッと出せないんですよね!というわけで、支払いは出来る限りクレジットカードで済ませる方がお得で楽です!

ただし、クレジットカード払いができないお店もあるので、85ドルほど(1万円ほど)は両替して現金で持って行きましょう。

ハワイの水道水は飲めます

ハワイの水道水は飲めます

「タイやインドで生水は絶対に飲むな」とよく聞きますが、ハワイの水はとっても綺麗!水道水もそのまま飲んでも全く問題ありません。というのも、ハワイは世界的な天然水の名水地で水質も日本と同じ軟水です。ご存じの方も多いかと思いますが「HAWAII WATAR(ハワイウォーター)」というウォーターサーバーがあるほどなんです。

ABCストアというそこらじゅうにあるコンビニでは、豊富な種類のミネラルウォーターが売られていますが、初日にペットボトルを購入して、翌日以降はホテルの蛇口から水を汲んでそのまま外出ってことをしてもOKです!貧乏旅行人のちょっとした裏技ですね!

ハワイのコンセントの電圧は?

ハワイのコンセントの電圧は?

ハワイの電圧は110~120Vと日本の100Vとほぼ同じくらいです。ヘアーアイロンやドライヤーは若干心配が必要らしいですが、スマホやパソコンといった電子機器は充電しても問題ないそうです。そもそもスマホやパソコンは世界共通らしく、100~240Vまで対応しているみたいですよ。

コンセントの穴の形状ですが、日本のコンセントでも差せて問題なく充電できる形となっています。日本は2つ穴に対して、ハワイは3つ穴ですが1つはアースプラグで漏電防止のものらしいです。

最低限知っておきたいハワイでのマナー

「郷に入っては郷に従え」ということわざがあるように、日本にはないハワイの一般常識マナーがあります。そのいくつかをご紹介します。

チップ制度がある

最低限知っておきたいハワイでのマナー チップ制度がある

私が一番理解に苦労したのがチップです。「ちゃんと代金は支払っているのに、まだ追加で支払うの?」って思っちゃいますよね。ですが、どうやらあちらの国ではサービスに対しての気持ちという位置づけらしいです。「ありがとう」をお金で表現するみたいな感じですかね。

チップを支払う場合は、ウェイトレス(店員)やスタッフがオーダーを取ってくれるお店で料金の10%~15%、タクシーで15%、ホテルのベッドメイキングは毎朝1ドルを枕元になどなど。伝票にチップが加算されている場合は支払う必要がないのでご注意を。

あと、クレジットカード払いをする場合は、自分でチップを計算して、チップと料金に足した金額を請求してもらうという、なんとも面倒な感じになります。(数学バカは万国共通です…)

ビーチや路上での飲酒・喫煙は禁止

最低限知っておきたいハワイでのマナー ビーチや路上での飲酒・喫煙は禁止

ハワイでは、公共の場での飲酒・喫煙は禁止されてます。とくに喫煙に関しては最大50ドル(約5800円)の罰金刑も。

でも思い返すと、確かにハワイの街はとっても綺麗でした。ハワイ=ビールと行ったイメージの割には、明け方の新宿のような光景は見たことありません。吸殻も気にならなかったので、こういった法律がちゃんと守られているんですね!スゴイ!

横断歩道以外での道路横断&信号無視ば罰金刑

最低限知っておきたいハワイでのマナー 横断歩道以外での道路横断&信号無視ば罰金刑

ハワイに行って思ったことの一つとして、やたら横断歩道があるということ。しかも絶対に歩行者信号が付いているんです。その理由として、横断歩道以外での道路横断や歩行者用の信号無視は、ジェイウォーキング(Jay Walking=信号無視)と呼ばれる歩行者による交通違反になるからです。

車が着ていないからといって、うっかり渡って罰金刑なんてことも十分あり得ます。ちなみに罰金は130ドル(約15000円)です。絶対にやめておきましょね!

バルコニーに洗濯物を干すのはNG

最低限知っておきたいハワイでのマナー バルコニーに洗濯物を干すのはNG

海に入って水着なんかをホテルのバルコニーに干したくなりますよね。でもこの行為、ハワイでは禁止なんです。というのも、日本の一大観光地の京都と同じで「景観を損ねる」という理由によるもの。

あとは、ホテルのほとんどは数十階建ての高層ビルのため、風邪で衣類が飛んでしまう事を防止しているらしいです。我慢して室内やバスルームに干すようにしましょうね!

まとめ

いかがでしたか?これで結構ハワイ通に近づけたのではないでしょうか?初めてのハワイは結構不安なことが多いですが、行ってみるとやっぱり楽しい!ハワイってそんな素敵な所なんですよ!

今回のハワイエントリーを皮切りに、しばらくハワイについてご紹介する記事を続けていこうと思います!また、調べて、まとめて、公開しますので、よろしくお願いしますっ!では次回をお楽しみに~♪

PR:ハワイに行くならH.I.S(エイチ・アイ・エス)

この記事にいいね!

友達にシェアする